top of page
  • kenkenphaa

【実例紹介】M様邸 給水給湯配管入替工事

給水給湯配管の入れ替え工事を行いました。


皆さんは、家の中で給水給湯配管がどのようになっているか、意識したことはありますか?

実は、配管は快適な生活を送るために欠かせない存在なのです。

しかし、古くなった配管は劣化し、トラブルの原因となることもあります。

そこで今回は、配管入替工事についてご紹介します。


(配管入替工事の様子)


まず、配管入替工事とは、古くなった配管を新しいものに交換する作業のことです。

古い配管は年月とともに劣化し、水漏れやガス漏れの原因となることがあります。

また、配管の内部には錆や汚れが溜まりやすく、水の流れが悪くなることもあります。

これらの問題を解消するために、定期的な配管入替工事が必要となります。


当社ではまず現地調査を行い、古い配管の状態を確認します。

その後、新しい配管の材料や工程を決定し、工事計画を立てます。

工事が始まる前には、家の中の水道やガスの供給を一時的に止める必要がありますので、

その場合はお客さまや周辺住民の方々へ事前に周知させていただいております。


(床下内における給水管)




配管入替工事の工程は、大まかに以下のような流れです。


1. 古い配管の撤去:古い配管を取り外し、廃棄物として処理します。

この際、周囲の壁や床にダメージを与えないように細心の注意を払い行います。


2. 新しい配管の設置:新しい配管を設置し、接続部分をしっかりと固定します。

また、配管の断熱材や防音材も適切に施工します。


3. 検査と調整:配管の設置が完了したら、水道やガスの供給を再開する前に、検査と調整を行います。

これにより、安全性や快適性を確保することができます。



(立水栓も配管むき出しのため、水漏れ、凍結防止のため新しいものに交換していきます。)


配管入替工事のメリットは、以下のような点が挙げられます。


1. 安全性の向上:古くなった配管は水漏れやガス漏れの原因となり、火災や事故のリスクを高めます。

新しい配管に交換することで、安全性を向上させることができます。


2. 快適な生活環境の確保:古い配管は内部に錆や汚れが溜まりやすく、水の流れが悪くなることがあります。

新しい配管に入れ替えることで、水の流れがスムーズになり、快適な生活環境を実現することができます。


3. 省エネ効果の発揮:古い配管は断熱性能が低く、熱や冷気の逃げ道となります。

新しい配管に入れ替えることで、断熱材を適切に施工することができ、省エネ効果を発揮することができます。


4. 長期的なコスト削減:古い配管はトラブルが多く、修理や補修の費用がかかることがあります。

定期的な配管入替工事を行うことで、トラブルの発生を予防し、長期的なコスト削減につなげることができます。




(コンクリートだったガーデンパンはお手入れしやすいよう新しいものを設置)




配管入替工事は、快適な生活を実現するために欠かせないものです。

定期的な点検や入替工事を行うことで、安心して快適な生活を送ることができます。

ぜひ、配管の状態を確認し、必要な工事を検討してみてください。



閲覧数:45回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments


bottom of page